助産師の仕事と活躍の場

助産師の仕事とは

助産師の仕事とは

助産師は、自立して妊娠中の女性の健康診査と保健指導をし、出産時には診察、ケア、出産介助を行い、女性にもともと備わっている産む力と生まれる力を最大限に引き出しサポートします。さらに胎児期から、新生児期、小児期、思春期、成熟期、更年期、老年期の健康問題に取り組み、より健康な生活を目指します。

病院で働くことも、自分で助産所を開設することもできます。国家試験は、女性のみ受験することが可能です。少子高齢社会である現在、次世代を育成し、性に関する健康問題にも取り組む職業は重要です。また、出産のときの支援だけではなく、育児の支援や学校に出向いて性教育も行っています。災害時には、被災地に出向き、すべての妊産婦と母子および女性の安全のために支援します。

世界では、今も妊娠や出産、性にかかわる感染症で亡くなる女性がいます。女性とその家族が安心して、新しい生命を迎え安全に暮らせるように支援するための高い能力が期待されています。

看護師の仕事と活躍の場

胎児期
胎児の健やかな成長への支援
新生児期
新生児が順調に成長するための支援
小児期
健やかな発育への支援、虐待予防
思春期
健康な思春期への支援、性教育、虐待予防
成熟期
女性特有の症状や病気の予防、妊娠・出産・育児の支援、不妊への支援
更年期・老年期
更年期障害、起こりやすい症状や病気の予防

助産師活躍の場

  • 病院
  • 診療所
  • 助産院
  • 保健センター
  • 産後ケア施設
  • 子育て・女性健康支援センター
  • 国際協力機構
  • 教育機関
  • 研究機関
  • 行政機関

Page top