入試に関するQ&A

※質問文をクリック(タップ)すると応答文が表示されます。

入試に関するQ&A

推薦入試について

Q.公募制推薦入試出願資格の評定平均値を教えてください。過年度卒業でも出願できますか?また、指定校はいつごろ分かりますか?
A.公募制推薦入試では「調査書の学業全体の評定平均値が3.5以上の者」となっています。欠席もできるだけ少ないことを望みます。1年前の卒業(一浪)まで出願できます。
なお、指定校推薦入試については6月以降に、在学している高校もしくは出身高校に確認してください。
Q.推薦入試の小論文と面接の配点割合を教えてください。
A.小論文と面接の配点割合は50:50です。
Q.推薦入試の小論文、面接の内容を教えてください。
A.小論文は、700~800字程度、60分。過去の問題では、資料(課題文や統計資料等)を読んで設問に答え、更に自分自身の考えを述べる形式で出題しています。

面接は個人面接で面接官は複数、10分間程度を予定しています。
願書、調査書、推薦書を参考に志望動機、高校時代の勉学や諸活動、大学入学後の抱負などを質問し、本学のアドミッション・ポリシーに基づいて、将来の医療職としての適性を判定します。素直に自分の言葉で答えることが大切です。

一般入試1期について

Q.一般入試1期の試験科目を教えてください。
A.一般入試1期の試験科目は、「英語」(必須)+2教科2科目選択(「国語」、「数学Ⅰ・A」、「理科」<「化学基礎」又は「生物基礎」より選択>)です。
Q.一般入試1期の配点、試験時間を教えてください。
A.1科目100点×3科目=300点満点ですが、科目間の難易度による不公平が生じないように各科目を偏差値換算し、その合計点で合否を決定します。試験時間は3科目で120分です。なお、試験時間内の答案提出、退室はできません。
Q.一般入試1期「数学A」の出題範囲を教えてください。
A.一般入試1期「数学A」は3分野から2分野を選択解答してもらいます。
Q.一般入試はマークシート方式ですか、記述式ですか?
A.全ての科目がマークシート方式に準じた多肢選択での解答方式です。

一般入試2期について

Q.一般入試2期の試験科目を教えてください。
A.一般入試2期の試験科目は、「英語」+面接です。
Q.一般入試2期の配点、試験時間を教えてください。
A.英語100点、面接100点の合計200点満点で、素点で判定します。英語は一般 1期の形式に準じ、全てマークシート方式で試験時間は40分です。
面接は上記Q3の推薦入試の面接に準じ、個人面接で約10分間程度を予定しています。

大学入試センター試験利用入試について

Q.大学入試センター試験利用入試はありますか?
A.看護学科・リハビリテーション学科ともに実施します。本学独自の個別試験は行わず、大学入試センター試験の結果を利用した入試です。
Q.大学入試センター試験利用入試の科目は?
A.大学入試センター試験利用入試は、次の通りです。
「英語」(必須)+2教科2科目選択(「国語」、「数学Ⅰ・A」、「理 科」<「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」から2科目選択、又は「物理」、「化学」、「生物」から1科目選択>)。入試科目の詳細は募集要項をご覧ください。

「英語」以外に本学の指定する教科・科目のうち、2教科2科目以上を受験した場合は、「英語」+高得点の2教科2科目(計3教科3科目)で判定します。大学入試センター試験利用入試では「基礎を付した理科」は2科目を解答して1科目と読み替えます。
Q.大学入試センター試験利用入試出願についての注意点はありますか?
A.大学入試センター試験利用入試を出願の際は、大学入試センター試験受験票に添付されている「成績請求票」私短を切り取って貼付してください。

入試全般について

Q.昨年度の倍率を教えてください。
A.昨年度の入試倍率は大学案内パンフレット又は本学ホームページをご覧ください。
Q.過去問題はどのようにして入手できますか。
A.一般入試の過去問題は2018(平成30)年度入試分は、オープンキャンパスや大学見学の際に受験生の方にお渡ししています。また、本学HP「入試結果・過去問題」上でも公開しています。(毎年8月ごろ公開します)
Q.他大学との併願は可能ですか?
A.推薦入試は併願不可で専願のみです。一般入試、大学入試センター試験利用入試は他大学との併願は可能です。
Q.入学検定料の軽減制度はありますか?
A.推薦入試・一般入試を2回以上受験する場合、2回目以降の入学検定料について軽減制度を設けています。1回目の入学検定料は30,000円ですが、2回目以降の入学検定料は半額の15,000円です。ただし、大学入試センター試験利用入試は検定料軽減制度対象外です。
Q.第2志望制度はありますか?
A.リハビリテーション学科のみ一般入試・大学入試センター試験利用入試において、出願時に他専攻を第2志望として出願することができます。その際、追加の入学検定料は発生しません。ただし、推薦入試は第1志望のみで、第2志望制度はありません。なお、看護学科には第2志望制度はありません。
Q.合格発表の方法について教えてください。
A.インターネット による合否の発表を行います。詳しくは募集要項をご覧ください。
Q.入試前に学内を下見(見学)したいのですが、どうすればよいですか?
A.オープンキャンパス開催時以外も、随時、キャンパスの構内見学は可能です。見学についての予約は直接電話でお問い合わせください(東京医療学院大学 入試センター042-373-8118まで)。ただし、原則として平日の10時から16時までにおいでください。
Q.学費の納入方法は? 学費以外はどういう費用がかかりますか?
A.初年度納付は、入学金・授業料・実験実習費・施設整備費(看護学科は1,930,000円、リハビリテーション学科1,850,000円)を各選抜区分の入学手続期間内に一括納入することを原則とします。ただし、二期に分納することもできます。詳細は募集要項又は入学手続要項をご覧ください。

2年次以降は、入学金を除いた金額の納入になります。

1年次にはその他として、教材費・教科書代(必修のみ前期分)・学生傷害保険・学友会費等で看護学科は20万円程度、リハビリテーション学科は10万円程度が必要となります。

看護学科において、助産学の履修者は別途費用がかかる予定です。(4年次のみ)
Q.入学前教育はありますか?
A.推薦入試合格者の希望者には、基礎力を高める「入学前教育プログラム」を紹介いたします。内容は看護・リハビリテーション・医療に関する基礎知識を学びます。自己負担の費用は約3万円ほどです。

Page top