専攻の特長

専攻長あいさつ

作業療法学専攻長  山口 芳文

「からだとこころと望んだ生活」のリハビリができる
スペシャリストに

からだとこころと生活に不自由さを抱えている方が「よりよい自主的な生活ができるように」「毎日の生活に楽しみや満足を感じる活動を行えるように」「その方にとってより意味のある生活を送ることができるように」を目指して作業療法士は治療・援助をしています。

からだとこころがうまく働き、望んだ生活を送れるようにするにはどのようにしたらよいのかを専門的に学んでいくのが、作業療法学です。

そのため、入学後はからだ、こころ、そして生活までの幅の広い勉強が必要になります。また大学内での講義にとどまらず、病院などでの臨床実習で実践できる力をつけていきます。

前向きに柔軟に、そして楽しみながら、学んでいけるよう教員一同皆様を支援していきます。

プロフイール

作業療法学専攻長 教授 山口芳文

昭和大学保健医療学部作業療法学科主任、同大学院保健医療学研究科教授を経て現職。主な著書として「精神障害作業療法学」(メジカルビュー社)、「作業療法評価学」(医学書院)、「精神医学テキスト」(南江堂)など。

教員ページはこちら

取得可能資格

●学士(作業療法学)

●作業療法士国家試験受験資格

作業療法学専攻の特長

障がいと個々の背景に真摯に向き合い、生活の質の向上を考えられる人材を育成します。

運動機能が回復した人や精神に障がいがある人に対して作業療法を行い、自立した生活を促すのが作業療法士の仕事です。本学では医学の基礎を学んでから身体・精神・発達・老人などの領域における作業療法についての知識と技術を修得するとともに、医療職に相応しい資質と人格を養っていきます。

Page top