作業療法士の仕事と活躍の場

作業療法士の仕事とは

作業療法士の仕事とは

食べたり、入浴したり、人の日常生活に関わるすべての諸活動を「作業」と呼んでいます。
作業療法士は、病気やけが、生まれながらに障がいがある人など、日常生活に支援が必要な方々を手助けします。患者さんの症状に合わせたプログラムを作成し、木工、革細工、陶芸、手芸、絵画、書道、レクリエーションなどの作業を通じて、訓練、指導を行い、患者さんが日常生活をスムーズに送れるように心身機能の回復を図り、社会復帰できるようサポートします。

作業療法の対象となる人

作業療法士の仕事と活躍の場

■体に障がいを持つ人

脳卒中・パーキンソン病・脊髄損傷・リウマチ・手足の切断・骨折・外傷・心臓疾患、その他

■心に障がいを持つ人

統合失調症・そううつ病・アルコール依存症・薬物依存症・摂食障がい・認知症、その他

■発達時期に障がいをうけたこどもたち

脳性麻痺・知的障がい・筋ジストロフィー・自閉症スペクトラム障がい・発達障がい、その他

作業療法士活躍の場

医療

  • 病院
  • 大学病院 ・総合病院
  • リハビリテーション病院
  • 精神病院
  • 小児病院
  • 診療所

介護

  • 通所リハビリテーション
  • 訪問リハビリテーション
  • 介護老人保健施設
  • 住宅改修・福祉用具の事業所
  • 地域包括支援センター

行政

  • 市・区役所
  • 保健所・保健センター
  • ハローワーク
  • 就労サポートセンター

教育

  • 障がい児教育
  • 幼稚園
  • 特別支援学級・学校
  • 教育委員会
  • 教育・研究機関
  • 大学・大学院・研究所・専門学校

福祉

  • 保育所
  • 児童発達支援センター
  • 障がい者福祉センター
  • 放課後等デイサービス
  • 障がい児(者)通所・入園施設
  • 就労支援事業施設
  • グループホーム

その他活躍の場

  • 海外現場
  • 留学・青年海外協力隊・国際学会
  • 企業
  • 会社設立・NPO 法人
  • 福祉施設設立

Page top