専攻の特長

専攻長あいさつ

理学療法学
専攻長 松本直人

「自分の可能性を信じ、理想の実現に向けて共にがんばりましょう。」

将来の職業を決定するのはとても難しいと思います。職業に対する適性や資質について思い悩むでしょう。しかし、我々は学びながら成長し変化して行くことができます。皆さん自身の「理学療法士になりたい」という意志を大切にしてください。

いまは先が見通せない時代、不安や期待が入り混じっているでしょうが、理学療法士になるという明確な目標を設定すれば、自然と視界は開けます。

大規模な大学とは異なり、医療系に特化したコンパクトな本学の理学療法学専攻の特徴には「教員と学生の距離が近いこと」、「同じ目標を持った学友との交流が多いこと」があります。皆さんもこのような環境で、理想の実現に向けて共に学んでみませんか。

未来の医療の担い手である夢と希望を持った皆さんを求めています。

プロフィール

専門学校東京医療学院学科長、同教務部長を経て現職。主な著書に「理学療法ハンドブックケーススタディ」(協同医書出版)、「運動学テキスト」(南江堂)、「図解 検査・測定ガイド」(文光堂)、「図解 運動療法ガイド」(文光堂)、「ケースで学ぶ 理学療法臨床思考」(文光堂)など。

教員ページはこちら

取得可能資格

●学士(理学療法学)

●理学療法士国家試験受験資格

理学療法学専攻の特長

論理的な思考と習熟された技術を学び、高度化する多様なニーズに対応するリハビリテーションの専門職を育成します。

さまざまな理由から運動機能や生活機能が損なわれてしまっている方々に対して、運動療法や物理療法を行い失われた機能を再建し、人生の質を構築することが理学療法士の主たる仕事です。本学では生理学や解剖学などの基礎医学と医学全般を重点的に学習しながら専門的な知識、技術を習得する体制を整えています。




Page top