専攻の特長

専攻長あいさつ

理学療法学専攻長 小島基永

理学療法士は魅力いっぱいの専門職、あなたも一緒にめざしませんか?

私は理学療法士になってからこれまで退屈したことがありません。
「病気やけがで障がいを持った方々の社会復帰を手伝いたい」
「地域にお住いの高齢者の健康長寿に寄与したい」
「動作の円滑さというものを客観的に捉えたい」

これらはみんな、理学療法士として、わくわくドキドキしながら取り組んできたものです。
「あまり勉強をしてこなかった」、「人付き合いが得意ではない」なんていうあなたも大丈夫です。なぜなら私自身がそうだった(今も?)からです。

気づいたときが始めどき、スタートはこれからです。誠心誠意(これは必須です)が取得として生きる職業、理学療法士をめざすあなたをおまちしています。

プロフィール

帝京大学医学部付属溝口病院、北里大学医療衛生学部、東京都健康長寿医療センター研究所( 東京都老人総合研究所)を経て現職。共著として『介護予防コーディネーションの考え方』( ひかりのくに)、『続 理学療法士のための症例レポートの書き方』( 朝倉書店)など。

教員ページはこちら

取得可能資格

●学士(理学療法学)

●理学療法士国家試験受験資格

理学療法学専攻の特長

論理的な思考と習熟された技術を学び、高度化する多様なニーズに対応するリハビリテーションの専門職を育成します。

さまざまな理由から運動機能や生活機能が損なわれてしまっている方々に対して、運動療法や物理療法を行い失われた機能を再建し、人生の質を構築することが理学療法士の主たる仕事です。本学では生理学や解剖学などの基礎医学と医学全般を重点的に学習しながら専門的な知識、技術を習得する体制を整えています。

Page top