理学療法士の仕事と活躍の場

理学療法士の仕事とは

理学療法士の仕事とは

理学療法士は、身体に疾患や障がいのある人に対し、治療体操やその他の運動、電気療法、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加え、主としてその基本的動作能力の回復を図ります。

最近では運動機能低下が予想される高齢者の予防対策、メタボリックシンドロームの予防、スポーツ分野でのパフォーマンス向上など障がいを持つ人に限らず、健康な人々にも広がりつつあります。また、運動・動作の専門性を生かし、福祉用具の適用相談、住宅改修相談も行います。

理学療法の対象となる人

理学療法士の仕事と活躍の場

■体に障がいを持つ人

脳卒中、脊髄損傷、脳の外傷、中枢神経の変性疾患、腫瘍、脳血管の異常、脳炎、小児発達障害、など

■整形外科疾患(運動器の障害)の方

手足・脊椎の骨折、腰痛、頸部痛、肩関節周囲炎、退行変性疾患、腰椎椎間板ヘルニア、靭帯損傷、変形性関節症、四肢の切断、様々な運動器由来の疼痛、など

■中枢神経疾患の方

呼吸器疾患の方
慢性閉塞性肺疾患、肺炎、結核後遺症、喘息、全身麻酔術後の肺機能低下、など

■心疾患の方

心筋梗塞、狭心症、など

■内科的疾患、体力の低下が予想される人

糖尿病、高齢、術後体力低下、運動機能の低下により要介助状態になることが予想される高齢者、メタボリックシンドロームによる運動指導対象者、など

理学療法士活躍の場

医療

  • 病院
  • 大学病院 ・総合病院
  • リハビリテーション病院
  • 診療所

医療・福祉

  • 介護予防
  • 特定保健指導
  • 通所リハビリテーション
  • 訪問リハビリテーション
  • 老人保健施設
  • 住宅改修・福祉用具の事業所

保健・行政

  • 市・区役所
  • 保健所
  • 保健センター

教育・研究

  • 教育機関
  • 大学/ 専門学校
  • 研究機関
  • 大学/ 大学院 ・研究所 ・理学療法関連企業

福祉

  • 障がい者福祉センター
  • 障がい児(者)通所・入園施設
  • 特別支援学級・学校

スポーツサポート

  • 障がい者スポーツ
  • スポーツ外傷・障害予防
  • チームサポート

Page top