理学療法学専攻の実習

実習の時期と期間

年次 時期 科目(内容) 期間
1年次 4月 大学導入論(施設見学) 1日
4月~8月 ボランティア入門(ボランティア活動)  
2年次 8月 臨床見学体験実習 1週間
12月 解剖学B演習(解剖学見学) 1日
3年次 8~9月 評価実習 6週間
4年次 4~9月 総合臨床実習 12週間

理学療法学専攻 実習のポイント

  1. 1年次入学後すぐの「大学導入論」で病院・介護施設等の見学を行います。

    将来への学びの意欲を高めるため、入学後すぐに病院・介護施設の見学を行います。保健医療の専門職としての人材像を理解するとともにチーム医療を意識づけ、生涯にわたって学習することの必要性を認識します。
  2. 1年次前期「ボランティア入門」で、社会奉仕の大切さを学びます。

    多摩市社会福祉協議会の協力のもと、ボランティア活動(実習)を通して、本学の建学の精神である「人に優しく、社会貢献」の精神を身につけることを目的とします。ボランティア活動を通して社会奉仕の大切さを学び、地域の様々な人との触れ合いの中で人の優しさや思いやりの心を育むとともに、コミュニケーション能力の基礎を身につけます。
  3. 2年次には、臨床現場を見学体験することで理学療法士の仕事のイメージを明確にします。

    実習施設において1週間、実習指導者の指導・監督のもと、学内で学修した理学療法に関する基礎知識を基に理学療法士の役割と機能を学びます。また、他職種を含めた関係スタッフや患者さんとのコミュニケーションを図り、専門職としての将来像を捉えることや基本的な態度を身につけることを学びます。
  4. 2年次12月に解剖学見学を行います。

    他大学医学部にて見学し、教科書での学修を更に深めるだけでなく、生命の尊厳についても学びます。
  5. 3年次の評価実習は6週間かけて実践的に理学療法業務を学んでいきます。

    評価実習は実習施設において実習指導者の指導・監督のもと、学内で学修した評価に関する知識や検査・測定方法などを患者さんに対して行い、身体能力や生活環境等を評価することで患者さんの全体像を把握し、具体的な問題点を抽出するまでの過程を行います。
  6. 4年次の総合臨床実習は12週間をかけ、個人に合わせて学びます。

    理学療法学専攻の総合臨床実習は12週間と、長い実習期間となっています。個性と学修状況に合わせ、実習先の病院と密な連携・情報交換を行いながら到達目標までじっくりと学びます。
  7. 遠方の実習地における交通費・宿泊費などは大学が負担します(規定あり)。

    理学療法士を目指すための臨床実習では、病院で受け入れられる実習生数が限られているため、学生1人だけで実習地に行くことが一般的です。そのため、病院の受け入れ状況によっては、近隣の実習地以外で実習を行うこともあります。本学では、遠方の実習地になった際の交通費・宿泊費を大学が負担し、実習費を別途徴収することはありません(規定あり)。
  8. 実習前に実習指導者と本学教員との合同会議を行い、実習先と十分な連携を取っています。

    学生が実習に行く前に、実習先の実習指導者に来て頂き本学教員と合同会議を行います。本学の実習についてご理解頂き、実習指導者と学生との面談も実施します。学生への実習指導が円滑に進むために、実習先との連携を密にしています。

実習での学び(学生の声)

患者さんと向き合い、臨床の技術を身につけられる充実した実習

2年次の見学実習は、患者さんと接し現場を知る1週間でした。そこで気付いたことは、多くの知識と技術、そして患者さん一人ひとりとのコミュニケーションが欠かせないこと。実際に見ていると、理学療法士の方と話しながらのリハビリは患者さんもリラックスしているようでした。私はまだまだ知識や技術が足りませんが、実習中は積極的に患者さんに話しかけることを意識していました。実習後には先生、先輩、後輩、他学科の学生など、さまざまな人とのコミュニケーションを心がけるようになりました。話し上手・聞き上手になりたいからです。

たわいもない会話から、患者さんの調子や性格をつかみそれぞれに合ったリハビリを行う理学療法士になるため頑張っていこうと気持ちを引き締めています。

理学療法学専攻3年 野島 百花さん(神奈川県 私立相模女子大高等部出身)

実習での学び(学生の声)01

実習での学び(学生の声)02

実習は現場を経験するとともに、自らの課題を見つけ解消する機会

3年次の評価実習を通して、「患者さんを疾患ではなく、人としてみること」がどういうことなのか、実感することができました。授業で学んだ疾患や検査に関することで頭がいっぱいになっており、『この病気はこの症状だから、この検査』という決めつけたものになっていました。その言葉を理解していなかったのが要因で、患者さんの要望をはじめ、その人らしさを理解するのに苦労しました。

4年次の実習に向けて、自らの課題をしっかり補えるよう準備していきます。実習で苦しい思いをしたからこそ、『患者さん一人ひとりが困っていることや要望を迅速に的確に把握することができる理学療法士を目指すぞ』と、気持ちを新たにして勉強に臨むことができています。

理学療法学専攻4年 児島 恵さん(東京都 都立調布南高等学校出身)

患者さんと向き合い、臨床の技術を身につけられる充実した実習

3年次の実習では、初めて患者さんの評価をさせていただき、疾患ではなく患者さんと向き合うという貴重な体験ができました。学生同士の練習では言葉足らずの指示でも動いてくれますが、実際の患者さんにはうまく伝わらなかったり、こちらの思う方向に動かすことも難しかったりします。その都度、病院の先生方に臨床現場での工夫の仕方を教えていただき、プロの技術の奥深さに接することができました。

また、担当した患者さんが実習期間中に退院されることになり、リハビリ室でやっていた運動の仕方を書面にして渡したところ、「これ見て頑張るね」とすごく喜んでくださいました。拙い私の技術にも感謝してくださる患者さんの姿に触れ、嬉しいことがたくさんある仕事だと改めて感じました。この経験から、身体機能の治療をするだけでなく、患者さんの気持ちに寄り添うことができるような理学療法士になりたいという気持ちがますます強くなりました。

理学療法学専攻4年 堀井 規世さん(北海道 私立札幌第一高等学校出身)

実習での学び(学生の声)03

Page top