2022年度入試における新型コロナウイルス感染症等に対する本学の対応

本学では、受験者が安心して受験できる実施体制を整えるための対策を講じます。感染拡大防止のため、下記をよくお読みになり、受験に臨んでください。

1.新型コロナウイルス感染症等に罹患し、試験日当日受験できない場合

新型コロナウイルス感染症等に罹患し、試験日に入院中または自宅や宿泊施設において療養中の者は、入学試験を受験することができません。また、海外から日本に入国して受験する場合、受験者は防疫対策として要請される事項に基づき行動することから、入国後の待機期間中の者は入学試験を受験することができません。

  1. 試験日当日の連絡について

    新型コロナウイルス感染症等に罹患して入学試験を受験できない場合、試験日当日に電話による連絡が必要となりますので、ご注意ください。

    試験日当日(9:00~12:00)の欠席連絡は、本学代表電話042-373-8118にしてください。
    連絡がなく入学試験を受験しなかった場合は、通常の欠席扱いとします。
  1. 総合型選抜入試・学校推薦型選抜入試・一般選抜入試1期に出願し、新型コロナウイルス感染症等に罹患して当日受験できない場合は、納入済の入学検定料をその後行われる選抜区分の入学検定料に振替えることができます。振替を希望する場合、出願する選抜区分の出願締切日7日前までに、本学入試センターに申し出てください(学生募集要項「P.19 8.入学検定料の振替について」参照)。
  1. 新型コロナウイルス感染症等に罹患し受験を取り止めた場合は、入学検定料を返還します(学生募集要項「P.18 7.入学検定料の返還申請方法」参照)。

2.無症状の濃厚接触者の受験について

保健所より濃厚接触者に該当すると伝えられた者は、無症状であれば、下記(1)~(3)の要件を満たした場合、別室での受験となります。該当者で本学の受験を希望する方は、試験日前々日の金曜日15時までに入試センターに電話にてお申し出ください。

  1. 初期スクリーニング(自治体又は自治体から指示された医療機関が実施するPCR等の検査(行政検査))の結果、陰性であること。
    • 試験日当日までに検査結果が判明していない場合、受験できません。その場合は、入学検定料の返還または振替をお申し出ください。
  1. 試験日当日も無症状であること。
  1. 公共の交通機関(電車、バス、タクシー、航空機(国内線)、旅客船等)を利用せず、かつ、人が密集する場所を避けて本学に来ること。

【注】お申し出の際、下記の事項を伺いますので、予めご準備ください。

  • 受験番号・氏名・緊急連絡先
  • 濃厚接触者に該当すると判断した保健所の名称
  • 保健所から濃厚接触者に該当すると連絡があった日
  • 保健所から健康観察期間として不要不急の外出を控えるよう指示されている期間
  • 保健所又は自治体から指示された医療機関が実施するPCR等の検査(行政検査)結果
    (一般のクリニック等での検査では受験要件を満たしません。)

3.試験日までのお願い

  1. 日頃から感染防止について心がけるとともに、朝などに体温測定を行い、体調の変化の有無を確認してください。

    (参考)受験生のみなさんへ―新型コロナウイルス感染防止のための注意事項―

  1. 試験日の2週間程度前から発熱・咳等の症状がある受験者は、あらかじめ医療機関を受診してください。
  1. 他の疾患の罹患等のリスクを減らすため、各自の判断で予防接種を受けておいてください。
  1. 日頃から、手洗い・手指消毒、咳エチケットの徹底、身体的距離の確保、「三つの密」の回避に留意しつつ、感染リスクが高まる「5つの場面」(飲食を伴う懇親会等、大人数や長時間に及ぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わりといった場面)を回避するようにしてください。また、バランスの取れた食事、適度な運動、休養、睡眠時間の確保など、体調管理に心がけてください。
  1. 何らかの事情によりマスクの着用が困難な場合、別室受験となりますので、試験日前々日の金曜日15時までに入試センターにお電話で申し出るとともに、「医師の診断書」を提出してください。なお、「医師の診断書」の提出なく、試験当日にマスクの着用が困難であることを申し出た場合は、入学試験を受験することができませんので、入学検定料の返還または振替をお申し出ください。

4.試験日当日の注意事項

  1. 試験日当日は、必ずマスクを着用(鼻と口の両方を確実に覆うこと)してください。

    (参考)正しいマスクのつけ方(厚生労働省HPより)

    (参考)マスクの効果について

    (参考)マスクの効果に関する動画

    https://corona.go.jp/proposal/

  1. 試験日当日に、37.5度以上の熱がある場合は受験を取り止め、本学に連絡の上、別日程での受験を検討してください。
  1. 当日、37.5度までの熱はないものの、発熱・咳等の症状がある場合は、必ず入場時に係員に申し出てください。
  1. 休憩時間や昼食時、入退場やトイレ使用時には、混雑を避けるため他の方と一定間隔を空け、会話を極力控えるようにしてください。
  1. 付添者控室は、原則設置しません(受験に際し、付き添いが必要な場合は、事前にお申し出ください)。
  1. 試験日当日は、試験室の換気のため、窓の開放等を随時行います。上着等体温調節ができる服装を準備してください。防寒のため、試験中のコート着用、ひざ掛けの使用、カイロの使用を認めます。
  1. 昼食は各自割り当てられた座席で摂ってください。また、食事を取り終えた後は、速やかにマスクを着用してください。
  1. 面接試験は、常時ドアを開放して行います。
  1. 一般選抜入試1期では、入学試験終了後の退室を試験室ごとに行います。指示があるまで自席で待機してください。
  1. 入学試験終了後に、受験者等に新型コロナウイルスの感染が判明した場合、行政機関が行う濃厚接触者調査に協力するため、個人情報の提供を行うことがあります。

5.本学の衛生管理体制について

  1. 試験室は、収容定員の半分以内とし、座席の配置は1メートル程度の間隔を確保します。
  1. 試験日当日、医師・看護師を配置します。
  1. 面接試験室では、受験者が入れ替わるごとに、受験者用の机・椅子の消毒を行います。

本件に関する問い合わせ先

東京医療学院大学

入試センター

TEL:042-400-0834

  • 受付時間:9時~17時 ※土・日・祝日・年末年始12/29~1/3を除く



Page top