3つのポリシー

アドミッションポリシー

建学の精神及び教育理念のもとに、保健医療の専門職として求められる幅広い教養と高い倫理観を備え、常に最新の知識と技術を求めて学修するという探究心を持ち、保健医療を通して社会に貢献できる人材の育成を目的として、次のような人を求めています。

  1. 優しい心で、敬意をもって人に接することができる人
  2. 保健医療の専門職を目指す、向上心のある人
  3. 保健医療を通して、地域社会に貢献しようとする人

カリキュラムポリシー

建学の精神を実践する専門職を育成するため、学年進行に沿って学修効果が高まる体系的な教育課程を、以下のポリシーに基づいて編成します。

  1. 深く人間を理解し教養を高めるため、多様な教養科目・専門基礎科目と専門科目の連携を図り、保健・医療・福祉を総合的に学ぶ
  2. 大学の理念を象徴する大学での学修導入や生命倫理等に関する科目を配置し、全ての学生が基盤となる知識を共有する
  3. 基礎医学実習や専門基礎、専門科目の臨床・臨地実習を通して、理論に裏打ちされた科学的実践力を身につける
  4. 国内外で活躍する職業人に必要な基礎知識や技術、語学能力、コミュニケーション能力を身につける
  5. 医療系専門職として必要な態度、習慣を学ぶ少人数教育を充実させる
  6. 国家試験を意識したカリキュラム、講義を実践する

ディプロマポリシー

学則に定められた所定の単位を修得し、以下の知識、能力と人間性を養った学生に対して学士の学位を授与します。

  1. 人の痛みを理解し、優しく包み込むことができる
  2. 人についての幅広い知識と理解を持ち、生命を尊ぶことができる
  3. 多様な社会を理解する国際的視野に立ち、幅広い医療活動を世界に広めることができる
  4. 地域医療の現状と課題を知ることで医療支援の必要性を理解、実践できる
  5. 社会に貢献できる協調性とコミュニケーション能力がある

Page top