学びの特長

高い目的意識とコミュニケーションスキルを持った医療従事者を目指そう!

医療の魅力を伝える大学

医療の魅力を伝える大学

本学は、看護師・理学療法士・作業療法士を目指す在学生に、「医療に関わる楽しさ、仕事のやりがい」を伝えられる大学を目指し、1年前期の早期より、将来の目標を明確にするカリキュラムを組んでいます。

●看護学科

1年生5月の「基礎看護学実習Ⅰ(病院内見学実習)」で、病院環境と看護師の役割を見学します。また、6月の「基礎看護学実習Ⅱ(コミュニケーション見学実習)」では、患者さんとのコミュニケーションを通じて看護を学ぶ動機づけをします。

●リハビリテーション学科

入学後すぐの「大学導入論」の講義で、医療組織を目指す上での学習意欲・生涯学習の大切さ、チーム医療の必要性を認識した後、病院・施設見学を通じて学習意欲を高めます。


コミュニケーション力のある医療従事者を目指す

コミュニケーション力のある医療従事者を目指す

教員・学生同士の距離が近い環境です。人と深く関わることで、医療従事者としてのコミュニケーション力を身に付けるだけでなく、人間的にも成長できます。

●看護学科

医療従事者に最も必要な倫理観やコミュニケーション能力を養うカリキュラムを用意しています。コミュニケーション論やコミュニケーション見学実習で一人一人に合った看護を生み出す力を養います。

●リハビリテーション学科

1年次「ボランティア入門」では、地域の高齢者施設や保育園でのボランティア活動を行い、「人の役に立つことの素晴らしさ」を実感し、その後に学びに活かします。


教員との距離が近くなるオフィスアワー

教員との距離が近くなるオフィスアワー

オフィスアワーとは、学修上の問題など、自分の力だけでは解決できないときに、各教員からアドバイスを受けられる時間帯です。本学では、毎週月曜日の昼休みに何でも気軽に相談できるよう、教員が研究室で待機しており、予約なしに訪ねることができます。


Page top