情報公開

教育研究上の基礎的な情報

(1)学部等の名称及び教育研究上の目的

【保健医療学部】
多様化する保健医療の分野で、社会の要請にこたえることのできる能力を有し、コミュニケーション能力に優れた質の高い人材の育成

<リハビリテーション学科>
理学療法及び作業療法分野の専門職業人として、幅広い教養と高い倫理観のもとに人への優しさ及び専門の知識と確かな技術を備え、常に、リハビリテーションに関する探究心を持ち、臨床と実践の研究を通じて社会に貢献できる人材の育成

<看護学科>
看護学科は、看護の専門職として幅広い教養と高い倫理観のもとに人への優しさ及び専門の知識と確かな技術を備え、常に、看護に関する探究心を持ち、臨床の実践と研究を通じて社会に貢献できる人材の育成を目的とする。

(2)専任教員数

(3)校地・校舎等の施設その他の学生の教育環境

校地・校舎等の施設 その他の学生教育環境

(4)授業料、入学金その他の大学が徴収する費用

学費/表彰制度/奨学金について

修学上の情報等

(1)教員組織、各教員が有する学位及び業績

職位及び業績

(2)入学者に関する受け入れ方針、入学者数、収容定員、在学者数、卒業(修了)者数、進学者数、就職者数

アドミッションポリシー

建学の精神及び教育理念のもとに、保健医療の専門職として求められる幅広い教養と高い倫理観を備え、常に最新の知識と技術を求めて学修するという探究心を持ち、保健医療を通して社会に貢献できる人材の育成を目的として、次のような人を求めています。

  1. 優しい心で、敬意をもって人に接することができる人
  2. 保健医療の専門職を目指す、向上心のある人
  3. 保健医療を通して、地域社会に貢献しようとする人

(3)授業科目、授業の方法及び内容並びに年間の授業計画・平成30年度シラバス

(4)学修の成果に係る評価及び卒業又は修了の認定に当たっての基準

学修の成果の評価
学修の成果は、次の通り行います。
学修成果は、各授業科目の履修を終了した者に対する学期末の筆記試験、実技試験、口述試験、およびレポート等より評価して行います。ただし試験は、各授業科目の受講時間が3分の2に満たない者、実習で実習時間の5分の1以上を欠席した者は試験を受けることはできませんのでご注意ください。

  • 詳細についてはシラバスを参照してください。

卒業認定について
<リハビリテーション学科>
本学は、本学に4年以上在学して所定の課程を修了し、かつ、これらの課程の試験に合格して126単位を習得した学生には、卒業を認め、理学療法学科専攻 学士(理学療法学)、作業療法学専攻 学士(作業療法学)の学位が授与されます。

<看護学科>
本学は、本学に4年以上在学して所定の課程を修了し、かつ、これらの課程の試験に合格して128単位を習得した学生には、卒業を認め、学士(看護学士)の学位が授与されます。

(5)学生の修学、進路選択及び心身の健康等に係る支援

・修学支援

1.担当教員よる修学支援(縦割り型クラス担任制・サポートアドバイザー制)
本学では、リハビリテーション学科及び看護学科で各学科の特性を活かし、担当教員による学生生活の関する相談や学修方法の指導等を行っております。

2.オフィス・アワー
オフィス・アワーとは、主に学修上の問題など自分の力だけでは解決できない時に、各科目担当教員を気軽に訪ね、アドバイスを受けられる時間帯のことを言います。
オフィス・アワーの曜日及び時間帯の指定がある場合は学生掲示板に掲示し、掲示がない場合は、毎週月曜日の12:10から12:50に、科目担当教員が各研究室で待機しています。原則、予約の必要はありません。
それ以外の時間で相談等を受けたい場合は、教員と直接相談して時間を決めてください。

・進路選択にかかる支援→キャリアセンター

・心身の健康等に係る支援→保健管理室 学生相談室

その他の教育研究上の情報

財務情報

(1)平成29年度

設置計画履行状況報告書

自己点検・評価及び認証評価

(1)自己点検・評価

本学は、学則第2条に教育研究の水準の向上を図り、大学の目的を達成するために、教育研究活動等の状況について自ら点検し、評価を行い、その結果を公表するものとすると掲げ、平成27(2015)年度に第1回目の自己点検評価を実施しております。

平成28(2016)年度の第2回自己点検評価の結果については、平成29(2017)年11月に公益財団法人日本高等教育評価機構の認証評価を受審いたしました。

今後、自己点検評価のサイクルを3年と定め、中間評価を経て、平成32(2020)年度の自己点検評価を平成33(2021)年度に公表する予定となっております。

(2)認証評価

平成29(2017)年度、本学は、学校教育法第109条第2項に基づき、公益財団法人高等教育評価機構による認証評価を受審し、平成30(2018)年3月6日付で、「東京医療学院大学は日本高等教育評価機構が定める大学評価基準に適合している。」と認定されました。

学則・教授会規則等の各種規則

Page top