カリキュラム・教員一覧

シラバスはこちら

履修科目一覧【年次順】

保健医療学部リハビリテーション学科理学療法学専攻(2020年度以降の入学生用)

1年次

科目区分 授業科目の名称
特色科目 大学導入論
ボランティア入門
生命倫理
教養科目 人間と社会 学びの技法
教育学
心理学概論
人間発達学
法学入門
日本近現代史
歴史郷土学
科学的思考 情報処理(基礎)
情報処理(応用)
環境科学
生命科学入門
行動科学
自然科学基礎
物理学入門
コミュニケーション・英語 コミュニケーション論
カウンセリング入門
日本語表現法
医療従事者のための日本語表現
英語(基礎)
英語(英会話)
健康と社会 スポーツ・レクリエーション
専門基礎科目 人体の構造と機能 解剖学(人体の構造)
解剖学A演習(骨学・筋学・神経系)
生理学(細胞生理学、循環・呼吸系)
生理学A演習(神経系・運動機能)
運動学
疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進 臨床心理学
栄養学
保健医療福祉とリハビリテーションの概念 リハビリテーション概論
多職種連携論
社会福祉概論
地域の保健医療福祉
専門科目 基礎理学療法学 理学療法学概論1(理学療法導入論)
理学療法評価学 理学療法評価学A(四肢周径・バイタルサイン等評価)
理学療法評価学A演習(四肢周径・バイタルサイン等評価)

※青枠は選択科目

2年次

科目区分 授業科目の名称
教養科目 人間と社会 法学入門
日本近現代史
科学的思考 スポーツ医学
コミュニケーション・英語 日本語表現法
医療従事者のための日本語表現
英語(英会話)
健康と社会 公衆衛生学
医療安全管理
専門基礎科目 人体の構造と機能 解剖学B演習(内臓学・心脈管系)
生理学B演習(運動の中枢性制御、消化・吸収・排泄系)
生理学実習
運動学演習(理学療法)
運動学実習(理学療法)
疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進 病理学概論
神経内科学
薬理学
内科学
外科学概論
整形外科学
精神医学1
小児科学
脳神経外科学
言語聴覚学概論
専門科目 理学療法評価学 理学療法評価学B(関節可動域・筋力等評価)
理学療法評価学B演習(関節可動域・筋力等評価)
理学療法評価学C(障害別評価)
理学療法評価学C演習(障害別評価)
理学療法治療学 運動療法学(基礎)
物理療法学
物理療法学演習
臨床実習 臨床見学体験実習(理学療法)

※青枠は選択科目

3年次

科目区分 授業科目の名称
教養科目 人間と社会 老年学
法学入門
日本近現代史
科学的思考 統計学
福祉工学
コミュニケーション・英語 日本語表現法
医療従事者のための日本語表現
英語(英会話)
保健医療英語入門
保健医療英語講読
健康と社会 東洋手技療法入門
専門基礎科目 疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進 精神医学2
医用画像解析学
保健医療福祉とリハビリテーションの概念 リハビリテーション医学
保健医療制度概論
専門科目 基礎理学療法学 理学療法学研究法
理学療法管理学 理学療法管理学
理学療法評価学 理学療法評価学D(画像評価)
理学療法治療学 理学療法技術論A(成人中枢神経系疾患)
理学療法技術論B(運動器系)
理学療法技術論C(小児中枢神経系)
理学療法技術論D(神経筋疾患)
理学療法技術論E(循環器・代謝系)
理学療法技術論F(呼吸器系)
運動療法学(病態)
運動療法学(運動器系)
運動療法学(外傷性疾患)
運動療法学(中枢神経系)
日常生活活動学(理学療法)
日常生活活動学演習(理学療法)
スポーツ傷害理学療法演習
義肢学(理学療法)
装具学(理学療法)
地域理学療法学 地域リハビリテーション学
地域理学療法学
臨床実習 評価実習(理学療法)

※青枠は選択科目

4年次

科目区分 授業科目の名称
教養科目 人間と社会 法学入門
日本近現代史
コミュニケーション・英語 日本語表現法
医療従事者のための日本語表現
英語(英会話)
専門科目 基礎理学療法学 理学療法学概論2(理学療法トピックス)
臨床実習 地域理学療法実習
総合臨床実習(理学療法)
卒業研究 卒業研究(理学療法)

※青枠は選択科目

カリキュラムPick UP!

理学療法評価学A・演習

理学療法評価法の初歩的な四肢の肢長周径と理学療法を実施する上で欠かせないリスク管理に必要なバイタルサインについて、その意義や必要な知識を習得します。さらに、それらについて評価技術を身に付けていきます。ここでは、今学習している事は理学療法士にとって、なぜ必要であるのか?を常に考えてもらいながら学習できるように工夫しています。具体的にはポートフォリオを用いたプロジェクト学習で知識と技術を生かして「成果や効果に繋がる行動」にできる具体的かつ主体的に生かせる能力をつけることができます。また、授業の総仕上げとして高齢者のボランティアさんにご協力頂き肢長周径と血圧測定を実践しています。

国家試験合格までの道のり

1年次

幅広い教養と概論や入門の授業で専門科目の基礎を学ぶ。

社会人として医療人として必要とされる教養や語学、コミュニケーションを学ぶとともに、人体への興味や関心を学術的に掘り下げていきます。

1年次

幅広い教養と概論や入門の授業で
専門科目の基礎を学ぶ。

社会人として医療人として必要とされる教養や語学、コミュニケーションを学ぶとともに、人体への興味や関心を学術的に掘り下げていきます。

2年次

障がいを理解するとともに医学全般の知識を修得する。

医学全般を幅広く学んで、専門科目を学ぶための下地をつくりながら、リハビリテーションに関する基礎知識を身につけて、実際の臨床現場を体験します。

臨床見学体験実習1週間

2年次

障がいを理解するとともに
医学全般の知識を修得する。

医学全般を幅広く学んで、専門科目を学ぶための下地をつくりながら、リハビリテーションに関する基礎知識を身につけて、実際の臨床現場を体験します。

臨床見学体験実習1週間

3年次

障がいの評価や治療方法をはじめ地域保健医療への知識を深める。

障がいがどの程度のものなのか、どのような療法をどのように行っていくかなど、具体的な評価と手法を学び、6週間の評価実習に参加します。

評価実習6週間

3年次

障がいの評価や治療方法をはじめ
地域保健医療への知識を深める。

障がいがどの程度のものなのか、どのような療法をどのように行っていくかなど、具体的な評価と手法を学び、6週間の評価実習に参加します。

評価実習6週間

4年次

卒業研究で4年間の総仕上げを行い国家試験への準備をする。

3年間の学びを体系化して卒業研究へと発展させるとともに、12週間の実習に参加。後期からは国家試験対策講座などを受けながら試験に向けて準備します。

総合臨床実習12週間

4年次

卒業研究で4年間の総仕上げを行い
国家試験への準備をする。

3年間の学びを体系化して卒業研究へと発展させるとともに、12週間の実習に参加。後期からは国家試験対策講座などを受けながら試験に向けて準備します。

総合臨床実習12週間

国家試験受験

合格

理学療法士

教員一覧

教員一覧はこちら




Page top